冷やしておいしい水道の水!! 

 
水の安全性に関しては、水道法で水質基準と消毒を規定しており、その水質基準に「おいしさ」に係るものとして「臭気や味に異常がないこと」という項目があります。これは「いやな臭い、いい臭いもないこと」「苦み、甘みもないこと」を意味します。つまり、「水道水は無味無臭でなければならない」ということになります。

「おいしく飲める水」ということについて、「おいしい水研究会」がまとめた水質要件として、適度のミネラル分や遊離炭酸を含み、有機物などが少なく、いやな臭いがない水であることとし、水温は10℃から20℃ぐらいがおいしいとされています。


このような水質要件によるほか、気象条件、感覚の個人差や体調条件などに左右されると言われています。
越谷・松伏水道企業団の水道水の水質は夏季の水温が高い時期を除き、そのままで「おいしい水」の水質要件にほぼ適合しています。夏季には水道水を冷やすとおいしくお飲みいただけます。

項目 おいしい水の目安 当企業団の水
蒸発残留物 30から200mg/l 157mg/l
カルシウム
マグネシウム等(硬度)
10から100mg/l 64.5mg/l
遊離炭酸 3から30mg/l 4.4mg/l
有機物(過マンガン酸カリウム消費量) 3mg/l以下 1.9mg/l
臭気強度 3以下 1未満
水温 最高20℃以下

24.9℃(7月から9月)

15.5℃(上記以外)

残留塩素 0.4mg/l以下 0.4mg/l

※平成27年4月から平成28年3月までの5浄・配水場系給水栓水平均値