鉛製給水管の使用状況

鉛管は鉄管などに比べ曲げるなどの加工がしやすかったため、以前は宅地内の給水管としてよく使用されていました。越谷市・松伏町内では、昭和46年以前に建築された家屋に鉛管が使用されている可能性があります。

 


鉛製給水管使用の方は朝一番、バケツ一杯の水を飲用以外に

国による水道水中の鉛濃度に関する基準値が平成15年4月に改正され、従来の0.05mg/lから0.01mg/lに強化されましたが、通常の使用では基準値以下であり健康に影響ありません。
ただし、鉛製給水管に水道水が長く滞留すると鉛が溶け出す場合があることから、念のため長期間留守にしたときや朝一番の蛇口からの水は、バケツ一杯程度を植木の水やりなど「飲用以外の用途」にお使いください。

 

 

鉛製給水管の解消に向けて

給水管の所有者は給水を申し込まれたお客様であり、鉛管部分の取替工事も、お客様のご負担により実施していただくため、家屋の建替えや改修の際には、ぜひとも給水管の取替えをお願いします。
企業団では平成9年度から平成14年度にかけて、道路境界から量水器(水道メーター)までの鉛管取替の可能箇所について、水道メータ交換時に取替工事を実施してきました。また、配水管の布設替えや漏水修繕の際に取替えを行い、鉛管の解消に向けて取組んでいます。