災害等への対策 

 企業団では、平成23年3月に「越谷・松伏水道企業団危機管理計画」を策定(平成27年3月に改訂)し、地震等災害をはじめとするあらゆるリスクに備え非常時の体制を構築するとともに、その発生によって水道施設に被害が生じた場合、飲料水及び生活用水の供給を継続するため、全職員一丸となって水道施設の保守および復旧に迅速に対応を図ることとしています。
 また、災害等発生時の緊急対応等意識啓発を図るため、毎年1回危機管理訓練を実施しています。

危機対策本部組織図 
※1 (公社)日本水道協会を通じ、災害時相互応援体制を取るものです。
※2 災害時等に他団体との相互援助体制の確立を図るため、平成9年7月1日で協定を締結しました。
※3 災害時等に行われる復旧活動等は、地域住民と密接な関係を保つとともに、組織市町(越谷市・松伏町)との相互連携のもとに実施されるものであり、その情報交換等は重要なものです。
※4 危機管理計画には、職員や物資等が不足する状況であっても、水道事業の継続を実現するために策定した業務継続計画(BCP)が盛り込まれております。
 

災害時の飲料水確保場所
(各浄・配水場と耐震型緊急用貯水槽)

  水は生命線の一つであり、災害時の飲料水確保は緊急を要します。 企業団では、災害などの緊急時に備え、各浄・配水場、耐震型緊急用貯水槽にて飲料水を確保し、応急給水ができるよう体制を整えています。


【耐震型緊急用貯水槽】

  耐震型緊急用貯水槽は、水道管と直結しているため平常時は水道水が循環しています。災害時には緊急遮断弁が作動して1基あたり100立方メートルの水道水を内部に貯水することができ、併設の手動ポンプでくみ上げることができます。
 越谷市・松伏町内に23基設置されており、全体で2,300立方メートルの水を確保すつことができます。災害時に必要とされている飲料水の量は“1人1日3リットル”とされていますので、延べ76万人に給水できることになります。

耐震型緊急用貯水槽地図

 

●耐震型緊急用貯水槽
 (100m323基=合計2,300m3 

設置場所名 所在地
   1 蒲生南小学校  越谷市南町1-8-1
   2 大袋東小学校   〃 袋山1750
   3 越谷総合公園   〃 増林3-1
   4 大杉公園   〃 大杉518
   5 大間野小学校   〃 大間野町2-115
   6 北越谷小学校   〃 北越谷3-10-38
   7 平方小学校   〃 平方2784
   8 千間台小学校   〃 千間台西5-4
   9 栄進中学校   〃 大沢659-1
 10 越谷市中央市民会館   〃 越ヶ谷4-1-1
 11 大相模中学校   〃 相模町3-165
 12 宮本小学校   〃 宮本町5-85
 13 松伏会館  松伏町田中3-19-3
 14 川柳公園  越谷市川柳町4-15-1
 15 東越谷第二公園   〃 東越谷3-14
 16 出羽公園   〃 七左町4-222
 17 南越谷第一公園   〃 南越谷5-21
 18 埼玉県立大学   〃 三野宮820
 19 しらこばと運動公園   〃 砂原39
 20 鷺高第二公園   〃 東大沢3-3
 21 千間台第一公園   〃 千間台東1-14
 22 レイクタウンスポーツ公園   〃 レイクタウン5-10
 23 レイクタウン第八公園   〃 レイクタウン7-6

 ●浄・配水場

浄・配水場 所在地
   1 築比地浄水場  松伏町築比地802
   2 北部配水場  越谷市下間久里633
   3 南部浄水場   〃 南越谷3-23-22
   4 東部配水場   〃 レイクタウン5-24
   5 西部配水場   〃 北後谷201