越谷・松伏水道企業団の設置等に関する条例第9条第1項の規定に基づき、平成26年度下半期業務状況及び平成27年度経営方針並びに予算の概況を公表します。

平成26年度下半期の業務状況

平成26年度下半期事業概況

 平成26年度下半期における配水量は18,706,428m3で、下半期の一日平均配水量は102,783m3でした。

平成26年度下半期経理状況

(1)収益的収支予算執行調書(税込) (単位:円)
科   目 下半期執行済額 執行済累計額 当年度予定額 執行率(%)
営業収益 3,614,851,178 7,179,040,738 7,229,500,000 99.3
営業外収益 753,149,693 769,332,460 737,100,000 104.4
特別利益 3,146,852 4,507,414 1,400,000 322.0
収益合計 4,371,147,723 7,952,880,612 7,968,000,000 99.8
営業費用 4,507,457,880 6,192,175,087 6,485,255,000 95.5
営業外費用 438,345,211 665,743,002 665,745,000 100.0
特別損失 8,414,814 111,527,972 122,000,000 91.4
予備費 0 0 15,000,000 0.0
費用合計 4,954,217,905 6,969,446,061 7,288,000,000 95.6
収支差引 △583,070,182 983,434,551 680,000,000
         
(2)資本的収支予算執行調書(税込) (単位:円)
科   目 下半期執行済額 執行済累計額 当年度予定額 執行率(%)
企業債 120,000,000 120,000,000 120,000,000 100.0
分担金 383,194,800 792,212,400 569,000,000 139.2
補助金 5,442,000 5,442,000 5,700,000 95.5
工事負担金 67,722,700 68,085,790 75,200,000 90.5
固定資産売却代金 400,406,860 400,406,860 400,100,000 100.1
収入合計 976,766,360 1,386,147,050 1,170,000,000 118.5
建設改良費 2,146,793,999 2,352,361,800 2,726,179,000 86.3
企業債償還金 569,140,107 1,129,481,173 1,129,490,000 100.0
投資 398,331,000 398,331,000 402,000,000 99.1
国庫補助返還金 0 0 10,000 0.0
支出合計 3,114,265,106 3,880,173,973 4,257,679,000 91.1
収支差引 △2,137,498,746 △2,494,026,923 △3,087,679,000
 
(3)損益計算書(税抜) (単位:円)  
科   目 費 用 額 科   目 収 益 額  
営業費用 5,949,836,899 営業収益 6,678,328,659  
営業外費用 491,942,434 営業外収益 768,669,203  
特別損失 110,277,612 特別利益 4,442,626  
純利益 899,383,543      
費用合計 7,451,440,488 収益合計 7,451,440,488  
   
(4)貸借対照表(税抜) (単位:円)  
科   目 金   額 科   目 金   額  
固定資産 56,688,910,838 固定負債 15,826,770,360  
流動資産 8,963,438,776 流動負債 2,922,685,750  
    繰延収益 19,577,792,690  
    資本金 12,479,434,276  
    剰余金 14,845,666,538  
資産合計 65,652,349,614 負債・資本合計 65,652,349,614  

平成26年度経営方針及び予算の概況

経営方針

 越谷・松伏水道企業団は、「水道事業基本計画2006(後期見直し)」に掲げる3つの基本方針『安全な水の安定給水』『給水サービスの向上』『持続可能な水道事業経営』に基づき、施策を推進しています。
 平成27年度における水道事業の経営方針の概要は以下のとおりです。

<安全な水の安定給水>
 基幹施設である浄・配水場の更新と耐震化を進めるため、本年3月に完了した築比地浄水場の耐震化と中央管理室の更新に引き続き、東部配水場の総合耐震診断を実施します。また、老朽化した配水管を計画的に布設替えし、耐震型継ぎ手を有する耐震管を採用することで、年度末の管路耐震化率を約45.6パーセントに引き上げます。
 水質管理については、「越谷・松伏水道企業団水質検査計画」に基づき水質基準項目等の検査を実施し、水質基準に適合した安全な水の供給に努めます。

<給水サービスの向上>
経年化した配水管の濁水発生を抑制するため、配水管洗浄を計画的に実施します。また、新鮮な水を供給できるよう、直結給水への切り替えを推進します。

 広報広聴業務については、お客様のニーズや水道に対する意見などを的確に把握するため、お客様意識調査を実施するほか、出前講座をはじめ親子水道教室、水道フェア等の各種イベントを通じて、水道事業に対するお客様の理解と信頼性の向上を図るために学習機会を充実させていきます。                                   
                                                                                                         <持続可能な水道事業経営>
 水道事業の存立基盤である水道料金の確保のため、未納者への早期訪問・早期徴収を行い、悪質な場合は給水停止措置を行うなど、速やかな未収金回収に努めます。
 また、将来につながる水道事業の在るべき姿を見据えた次期「水道事業基本計画」の策定に取り組み、持続可能な水道事業経営を目指します。

予算の概況

収益的収入及び支出   資本的収入及び支出
収入 (単位:千円)   収入 (単位:千円)
予定額   予定額
1水道事業収益 7,831,000   1資本的収入 1,666,000
  1 営業収益 7,078,300     1 分担金 580,000
  2 営業外収益 751,500     2 工事負担金 85,900
  3 特別利益 1,200     3 固定資産売却代金 1,000,100
         
支出 (単位:千円)   支出 (単位:千円)
予定額   予定額
1水道事業費用 7,061,000   1資本的支出 3,871,000
  1 営業費用 6,334,000     1 建設改良費 1,677,000
  2 営業外費用 700,000     2 企業債償還金 1,179,000
  3 特別損失 12,000     3 投資  1,015,000
  4 予備費 15,000