公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画について

 越谷・松伏水道企業団では、水道事業経営にあたり公的資金(財政融資資金及び公営企業金融公庫)を借入して事業を進めてまいりましたが、国では、高金利の借入金について、地方公共団体の公費負担軽減措置として、平成19年度から平成21年度までの3年間、公的資金補償金免除繰上償還を実施することになりました。
 通常、繰上償還する場合には、補償金を支払うこととされておりますが、行財政改革等による経営健全化を前提に、補償金を免除する繰上償還が認められることになりました。
 当企業団では公営企業健全化計画について、平成19年9月27日に計画書を提出し、12月21日に財務大臣、12月22日に総務大臣の承認を受け、貸付け利率6%以上の借入金について次表のとおり繰上償還が承認されました。
 

【繰上償還額等】
 





財政融資資金
(旧資金運用部資金)
4件

公営企業金融公庫資金

1件

合計

5件

金額 金額 金額

当初借入額
1,401,000千円

当初借入額
140,000千円

当初借入額
1,541,000千円

繰上償還額
428,275千円

繰上償還額
92,508千円

繰上償還額
520,783千円

 

承認された公営企業経営健全化計画を、その確実な実施に向けホームページ掲載し、市・町民の皆さんへ公表いたします。

公営企業経営健全化計画(全文) [62KB pdfファイル] 
 

執行状況(平成19年度から平成23年度) [60KB pdfファイル]