当企業団では、孫子の代まで安全で良質な水を送り続けられるよう、平成28年3月に「水道事業マスタープラン」 を策定しました。
 このマスタープランでは、水道事業経営の基本理念を『世代(とき)を越え 命の水を送り続ける こしまつ水道』と定め、基本方針として、『強靭で安定した水道事業の構築』、『安全な水の給水』、『持続可能な水道事業経営』の3つの柱を掲げました。
 このマスタープランのもと、水道事業の在るべき姿を見据え、次世代に責任を持った水道事業経営の実現に向け職員一丸となって取り組んでいます。

 

 越谷・松伏水道企業団