本サイトは、ウェブアクセシビリティに関するJIS規格に準拠し、高齢者や障害のある方など閲覧する全ての方が、情報を取得しやすいように配慮しています。

※平成16年6月20日に制定されたウェブアクセシビリティに関するJIS規格 X 8341-3:2004「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ」

  • アクセシビリティとは?・・・高齢者・障害者が、情報通信機器、ソフトウェア及びサービスを支障なく操作又は利用できる機能と定義されます。

 

ページ作成において特に以下の点に配慮しています。

機種依存文字は使用しないこと

機種依存文字と呼ばれる記号などは、OSによって表示のされ方が異なるため、使用しないよう心がけています。

 

フレームは使用しないこと

フレームを使ったページは、適切な配慮がなされないと利用できなかったり、利用しにくいページになるため使用しません。

 

見やすく、分かりやすい構成であること

利用者が見やすい配色に心がけ、ヘッダー・フッターのデザイン、構成要素の統一によりホームページ全体としての統一を図ります。
また、閲覧しているページがサイトのどこに位置しているか把握できるように、階層などの構造を示したナビゲーション情報を提供します。

 

容易に目的の情報に到達できること

メニュー表現を極力分かりやすいものとし、常時表示されるよう構成しています。
情報検索の種類は、分類、ライフイベント、更新情報、全文の4種類を用意し、あらゆる角度から情報を得られるよう配慮しています。
また、全文検索においては、常にお使いいただけるようにヘッダー部に検索窓を設けました。

 

各ページには適切なページタイトルをつけていること

タイトルによって、ページの内容が把握できないとわかりにくさや混乱の原因になります。
本サイトは、全てのページにおいて、確実に内容が分かるタイトルをつけるように心がけています。
また、適切につけることで、音声読み上げソフトでも最初にタイトルが読まれるため、利用者はそのページ内容を最初に把握することが可能です。

 

背景色と前景色には十分なコントラストをとること

一般的に、背景色と前景色の色合いが近いと、文字の判別がしにくかったり、できないことがあります。
本サイトは、背景色と前景色の使用に一定以上のコントラストをとるように心がけています。

 

画像には代替テキストを付けていること

画像を掲載する場合は、画像が見えない利用者(画面読み上げソフト等で利用している人等)向けに代わりの情報が用意されていないと、情報が伝わりません。
画像には必ず代替テキストを提供し、画像の内容が過不足無く伝わるように配慮しています。

 

ホームページ読み上げソフトに配慮した表現であること

本サイトは、表の使用を極力控えるなど、音声読み上げソフトに対応できるよう配慮して作成しています。
詳しくは音声対応についてをご覧ください。

 

文字サイズやフォントを自由に設定できること

利用者が見づらいと思った時に、自分で文字サイズやフォントを変更できるように配慮して作成しています。
文字の大きさを変える方法は、ブラウザの設定を変える方法と、ソフトウェアを使用して変える方法があります。
詳しくは文字を拡大するをご覧ください。